WEBサイト(ホームページ)を持つことのメリット

WEBサイトの制作は低コストでも可能

WEBサイトは知名度がある大企業に特化していると考えられる事が多いのですが、実は中小企業こそ開設すると恩恵に授かれコストが低いのに得られるリターンが大きいです。WEBサイトと言えば今や情報発信のプラットフォームとして最もメジャーであるものの、インターネットが普及する以前はテレビや新聞というメディアに頼るしかありませんでした。しかしテレビコマーシャルを作成して放送したり新聞広告を依頼するためには高額な資金を捻出しなければならず、体力が無い中小企業においては現実的とは言えません。それらに比べるとダイレクトメールや飛び込み営業、電話を使った販促は安価に済ませられますが人件費が生じてしまいますし企業のイメージを低下させてしまいます。

一方、WEBサイトでの情報発信だと見込みがあるお客様を上手く集客させられると大きなコストをかけずに効率的な案内が提供可能です。

ほぼ負担が無い状態で会社案内や商品情報を国内に限らずに発信させられますし、全国や全世界が対象なので地方局のテレビ番組の合間にしかコマーシャルが流れずに費用対効果が小さいといった事も起こりません。

WEBサイトを持つデメリットがない

このようにWEBサイトは持つことのデメリットがない上にすぐに最新情報に切り替える事ができるので、紙媒体のパンフレットやカタログのように資金を投じて作った物を廃棄して再び作り直すという手間と金銭的な負担が無くせます。またWEBサイトの運営と管理も以前に比べて簡単になっていてこれまでのように外部のIT企業などに保守管理を委託せず、社員であっても難なく更新作業が行えるようにマネジメントのシステムが搭載されています。

そして、カタログは掲載可能な案内に限度がありますし入手するためには会社に足を運んで頂いたりイベントなどでお配りする方法しかないのですが、WEBサイトがあればPDFファイルをダウンロードできるので時間や場所に左右されずに手にして頂けます。