ホームページ?WEBサイト?どちらが正しい

WEBサイトの呼称について2IT関連の言葉は世界に登場してから日が浅い用語ばかりです。そのため定義が曖昧であり、個人個人が独自の解釈で使っています。似たIT関連の用語も多く、ホームページとWEBサイトのように実は言葉こそ違いますが実際は同じものを指すケースがあります。 ホームページは日本語英語であり、ローカル化された言葉です。和製英語のようなものであり、日本人の間ではホームページという言葉が通じますが、一方で海外の人々には通じません。

海外の人々と話す際はホームページではなくWEBサイトという単語を使わなければ相手に誤解を与えてしまうかもしれません。 ホームページとWEBサイト、両者ともインターネット上に存在するコンテンツを指す用語であり、辞書的な定義も同じです。WEBサイトとWEBページもまた混同される言葉ですが、こちらは別々の対象を指します。 WEBサイトはホームページ自体の事です。WEBページはホームページの一部、文字通り画面に表示される一枚のページを指します。世間一般では混同されやすく、特に日本国内ではホームページというローカル化された言葉がかなり主流になっており、WEBサイトという単語を使う人々が少ないです。世界的にはWEBサイトという表現が完全に主流です。

ホームページとはブラウザソフトを立ち上げた時、最初に表示される画面という意味合いで使う方もいますが、これは誤りです。最初に表示される画面はホーム画面、あるいはポータルサイトです。両者とも広義の意味合いでホームページですが、一般的な表現ではありません。

グローバルな視点で考えるとWEBサイトが無難

アマチュアのユーザーが制作したWEBサイトはホームページ、デザイナーが制作したビジネス用途の物はWEBサイトと呼称する、こういった定義もありますが、辞書的な意味合いとしては正しくありません。 個人製作なのでホームページというニュアンスが感覚的には合いますが、私的なコンテンツでも世界的にはWEBサイトという呼称を使います。日本国内では両方とも正しい呼称ですが、グローバルな視点で見ればWEBサイトという呼び方が正解です。